NPO法人MASP は日本のものづくりの長所(多品種少量生産)を活かす情報技術整備を支援します!

メインメニュー
ログイン
会員登録済みの方は
ここからログインを
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失
Forum会員新規登録
最新ニュース
担当者 ampo  登録日時 2018/9/17 10:44 (11 ヒット)

 NPO法人技術データ管理支援協会は、職業能力開発総合大学校(職業大)の一般研修「顧客ニーズに
柔軟に応えるものづくりマネジメント」(2018年12月13~14日)において、当協会の生産管理手法に
ついて解説します。

コース設定の背景
 低コストで使えるようになったITを活用して、現場の知識・知恵を企業内に蓄積し、顧客ニーズに
柔軟に応えている企業があります。一方、パッケージ・ソフトウエアを導入して、失敗する企業も後
を絶ちません。失敗せずに、着実にITを活用できる方法と手順を習得する必要があります。

本研修のねらいと到達目標
 話題になっているインダストリー4.0やIoTの中核にある考え方は、マス・カスタマイゼーションで
す。マス・カスタマイゼーションは、規格品大量生産と対等の価格及び納期でニーズに合う多様な製
品を製造し、製品仕様の顧客満足度で勝つビジネスモデルで、最近は多品種少量生産が得意な中堅中
小企業が積極的に取り入れています。本研修では、こうしたものづくりの新しい考え方や仕組みにつ
いて、情報化の事例を通して習得することを目指します。顧客が求める仕様や納期に柔軟に応えられ
る仕組みの実現を到達目標とします。


以下詳細

前のイベント
ホーム|MASPについて|MASPの活動用語解説最新ニュースアーカイブイベント入会案内個人情報保護方針お問い合わせ
NPO法人技術データ管理支援協会(MASP) | 日本のものづくりの長所(多品種少量生産)を活かす情報技術整備を支援します
Copyright(c) by MASP Association. All rights reserved.