NPO法人MASP は日本のものづくりの長所(多品種少量生産)を活かす情報技術整備を支援します!

メインメニュー
ログイン
会員登録済みの方は
ここからログインを
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失
Forum会員新規登録
最新ニュース
担当者 ampo  登録日時 2018/5/8 17:30 (147 ヒット)

NPO会員、NPOフォーラム会員、一般の皆様

  NPO法人 技術データ管理支援協会(略称:MASP)は、ビジネスの変化に対応し
業務改革を推進しやすい柔軟な情報システムの構築支援を、長年にわたって多くの
企業に行ってまいりました。そのなかで利用してきた職場の問題を前向きに解決す
る思考方法のセミナーを7月18日(水)に行います。これは技術教育ではなく、技
能教育(訓練)です。「概念形成と問題解決技法(ConForM)」(注)という前向
きに明るく職場の問題を解決する思考方法を解説します。

主旨:
 いま日本社会は世界全体の変化の波にもまれ、競争力を失いかけています。しか
し、世界に勝者はいません。一方、ITがビジネスや生活および政治にまで影響し、
国家や人々の関係を変えています。混乱も生じていますが、見方を変えると大きな
ビジネスチャンスを迎えています。日本社会やビジネス組織にはかつての繁栄を支
えた知識と知恵が残っています。働く方々の持つ技能も将来を切り開く武器となり
ます。

 後ろ向きの原因追究や反省だけでは、現状を打破できません。眼に見えない知的
資産を活用して職場の問題を解決し、さらにビジネスを活性化するネアカで前向き
の思考方法を身に着ける必要があります。ぜひご参加ください。

以下詳細

前のイベント
ホーム|MASPについて|MASPの活動用語解説最新ニュースアーカイブイベント入会案内個人情報保護方針お問い合わせ
NPO法人技術データ管理支援協会(MASP) | 日本のものづくりの長所(多品種少量生産)を活かす情報技術整備を支援します
Copyright(c) by MASP Association. All rights reserved.