NPO法人MASP は日本のものづくりの長所(多品種少量生産)を活かす情報技術整備を支援します!

メインメニュー
ログイン
会員登録済みの方は
ここからログインを
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失
Forum会員新規登録
最新ニュース
担当者 ampo  登録日時 2016/1/6 12:33 (232 ヒット)

 NPO法人 技術データ管理支援協会(MASP)は、本年度8回目の新価値創造研究会を下記にて開催します。

  開催日時 1月15日(金) 13時30分~17時
  開催場所 三田 いきいきプラザ(田町駅から徒歩7分位)

 10月から「製造業」、「生活産業」を対象に、二つのワーキンググループ(WG)が活動を開始しました。

 製造業セッションでは、日本のものづくりが内在する課題が広く提起されたあと、「新たな価値創造に向けて、生産管理が果たすべき役割」について検討を行っています。

 生活産業セッションでは、生活者視点を中心にした新しい価値創造の枠組みとその構築に向けて、MASPの方法論及び道具立ての有効性検証を目的に検討しています。

 次回、1月15日の研究会の討議は以下を予定しています。

製造業セッション
 今までのWGの検討結果に対して、昨年11月、12月の全体研究会で様々な意見が出されました。1月の研究会ではそれらを踏まえ、価値創造のメカニズムの仮説を提示しながら、実地検証をする方法を考えます。

生活産業価値連鎖セッション
 具体的なソーシャルテザイン事業を題材に検討を進める予定ですが、方針の確認をするとともに、逆に当該事業を実際に進めている方からの意見を紹介します。また、今後予定している現地への訪問やクリエーターへのインタビューについて具体的に検討します。

 皆様のご参加をお待ちしております。

以下詳細

日時:2016年1月15日(金) 13時30分~17時
会場:港区立三田いきいきプラザ
アクセス:地下鉄三田駅A9出口から徒歩1分、JR田町駅から徒歩7~8分
http://www.toratopia.com/m_map.html
参加費:無料
申込:本サイトからお申込みください(Web登録制)
http://masp-assoc.org/modules/eguide/event.php?eid=36
参加資格:技術データ管理支援協会会員、企業の実務家など


受付を終了しました
ホーム|MASPについて|MASPの活動用語解説最新ニュースアーカイブイベント入会案内個人情報保護方針お問い合わせ
NPO法人技術データ管理支援協会(MASP) | 日本のものづくりの長所(多品種少量生産)を活かす情報技術整備を支援します
Copyright(c) by MASP Association. All rights reserved.