NPO法人MASP は日本のものづくりの長所(多品種少量生産)を活かす情報技術整備を支援します!

メインメニュー
ログイン
会員登録済みの方は
ここからログインを
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失
Forum会員新規登録
最新ニュース
担当者 ms-labo  登録日時 2016/9/22 20:26 (224 ヒット)

MASP会員(正会員・フォーラム会員)のコミュニケーション促進を目的に、
第5回「MASPなんでも高座」を10月12日(水)に下記要領にて開催いたし
ますので、ぜひご参加下さい。

話題:『F-BOM、なりゆきスケジューラーの異業種への応用』

発表: 坂口 正義 氏(サカグチ マサヨシ)(株)ビジネスコンピュータ 

主旨:(1)FBOM &なりゆきスケジューラ,CDMの新事業領域への活用事例
   (2)異業種(サービ事業など)の展開の可能性
   (3)セルラーデータシステムによる新しいBOMデータ管理手法の提案

日時:2016年10月12日(水)14:00PM~16:50 (受付13時半~)
    高座終了後に懇親会開催 (会場:ビストロカフェ ももてなし家)
    
対象:MASP会員、MASPフォーラム会員、参加希望者、どなたでも参加歓迎!

費用:参加費は無料 (有志参加の懇親会は有料/3,000円)

申込:MASPホームページ「イベント案内」から参加申し込み下さい   
MASP⇒【イベント案内】⇒第5回『 MASPなんでも高座』⇒
【参加登録】⇒氏名等記入 ⇒ページ最終行【確認】クリック、前日迄に

<予告です!>
次回11月17日(木)開催、第6回『MASPなんでも高座』の予告です。
「ITを活用した生産性革新(仮)」 (株)福富製作所 石崎社長 詳細追って

【テーマ】「F-BOM、なりゆきスケジューラーの異業種への応用 」
(1) 調味料製造におけるFBOMの活用
(2) イベント産業におけるスケジュール管理
【ねらい】アイデア募集
  (1) プロセス系BOM構築事例と今後課題について
  (2) ソフトビジネスへのスケジュール管理導入のアイデア

【内容】
(1)調味料製造におけるFBOMの活用
  食品加工メーカーのレシピ管理、製造工程管理、所要量計算に応用した
事例 と今後の課題について、皆様の経験やお知恵を頂戴したい。
  ・レシピ管理と副製品の考え方
  ・レシピ管理と品質等級の考え方
  ・レシピ管理と選択原料の考え方

(2)イベント産業におけるスケジュール管理
   イベントビジネスは「ものづくり」に似ていることから、それを支える
   ITツールとして生産管理システムの考え方を流用できないかと思いつき、
   皆様のアイデアを頂戴したい。

 ・資源や能力の定義
  コンサート、自動車レース、展示会、お祭り、運動会、結婚式、お葬式など
 ・イージーオーダー仕様のイベント
 ・フルオーダーメイド仕様のイベント
【自己紹介】坂口正義(サカグチ マサヨシ)

<職歴>
 日産ディーゼル工業(現UDトラックス社)・・・社内設備設計、制御設計
 CCS(ITベンダ)・・・制御系および計測制御関連システム構築
 ソニーイーエムシーエス(現SGMO)・・・社内システム管理(生産管理、
 工場システム、インフラ)
 
 ビジネスコンピュータ・・・中小企業のIT支援、ものづくり支援、
 業種によらずなんでもあり



受付を終了しました
ホーム|MASPについて|MASPの活動用語解説最新ニュースアーカイブイベント入会案内個人情報保護方針お問い合わせ
NPO法人技術データ管理支援協会(MASP) | 日本のものづくりの長所(多品種少量生産)を活かす情報技術整備を支援します
Copyright(c) by MASP Association. All rights reserved.