NPO法人MASP は日本のものづくりの長所(多品種少量生産)を活かす情報技術整備を支援します!

メインメニュー
ログイン
会員登録済みの方は
ここからログインを
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失
Forum会員新規登録
最新ニュース
担当者 otsukanb  登録日時 2016/9/28 0:17 (305 ヒット)

日本の製造業が現在めざしている生産性の向上や省力化ではグローバルな競争に太刀打ちできない。既に学者の間で議論されている価値創造に関して、もっと具体的に議論する研究会の場として、新顧客価値創造研究会(2016年度)の第4回を開催いたします。今回のテーマは「IoT, Big Dataの進展は企業にどのようなインパクトを与えるか」発表は高橋史人です。是非ご参加してください。

以下、詳細

テーマ:「IoT, Big Dataの進展は企業にどのようなインパクトを与えるか」
     ~ 企業は企業環境の変化に適切に対応できなければ消滅する~

発表者:高橋 史人(MASP理事、マネージメント&システム研究所 代表)

【発表概要】
第4次産業革命が進展、顧客企業が変わる。企業のサプライチェーンに
どのようなインパクトを与えるのか?

① 次世代代のマス・カスタマイゼーション戦略を考える
② 顧客視点・マ-ケティングと製造の連携を考える

{討議ポイント】
① IoTの本質、Big Dataとの関係を理解し、顧客がどのように変革するか
② 顧客の変革に企業の製造・サプライチェーン はどう対応するのか
③ マス・カスタマオゼーションの進展に「今」「5年後」「10年後」に備えるべきことは

皆様のご意見を期待いたしてます。

日時:2016年10月7日(金) 13:30PM~17:00  

会場:「神明いきいきプラザ 集会室A」JR浜松町駅北口 徒歩4分 
http://www.city.minato.tokyo.jp/shisetsu/fukushi/ikiki/18.htmll

対象:MASP会員、MASPフォーラム会員、その他 どなたでも歓迎!

費用:参加費は無料 終了後の懇親会は実費です。


<予告です!>

 第5回『新顧客価値創造研究会』 11月11日(金) 開催決定! 
   場所:三田いきいきプラザ 集会室A
   話題提供者:青木氏、テーマほか 詳細は追ってご紹介します。


受付を終了しました
ホーム|MASPについて|MASPの活動用語解説最新ニュースアーカイブイベント入会案内個人情報保護方針お問い合わせ
NPO法人技術データ管理支援協会(MASP) | 日本のものづくりの長所(多品種少量生産)を活かす情報技術整備を支援します
Copyright(c) by MASP Association. All rights reserved.