NPO法人MASP は日本のものづくりの長所(多品種少量生産)を活かす情報技術整備を支援します!

メインメニュー
ログイン
会員登録済みの方は
ここからログインを
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失
Forum会員新規登録
最新ニュース
担当者 ms-labo  登録日時 2016/10/13 10:21 (284 ヒット)

MASP会員(正会員・フォーラム会員)のコミュニケーション促進を目的に
した第6回「MASPなんでも高座」を11月17日(木)に開催したしますので、
ぜひご参加下さい。

話題:「中小企業の多品種少量生産を支える情報システム構築事例」 

登壇:石﨑 雅彦氏 (株)福富製作所 取締役社長

主旨:特殊仕様のオーダー門扉を高品質・短納期・低コストで提供するために
IT技術を活用した生産プロセスを構築した事例をご紹介します。

日時:2016年11月17日(木) 13:30PM~17:00
会場:「三田いきいきプラザ」都営三田線・浅草線「三田駅」A9番出口徒歩1分
対象:MASP会員、MASPフォーラム会員、どなたでも参加大歓迎!
費用:参加費は無料 (有志参加の懇親会は有料/3,000円程度)

申込:MASPホームページ「イベント案内」から参加申し込み下さい。
【イベント案内】⇒第6回『 MASPなんでも高座』 ⇒【参加登録】⇒氏名  等記入
⇒【確認ページへ】⇒最下段 【予約を申し込む】クリック(前日まで) 

本件に関するお問い合わせ先
高座事務局・高橋史人(ms-labo@mvh.biglobe.ne.jp

会社紹介:(株)福富製作所は創業80年の歴史をもち、40年以上にわたって自社ブランド製品「福富の連動門扉」を主要製品として製造販売している会社である。発売から20年間はオンリーワン製品(特許)として学校・工場等に広く採用された。その後も大手同業他社の追随を受けながらも長年の経験と技術を活かしセキュリティー強化・耐久性向上等の特殊要望に合わせたオーダー門扉を作り続けてきた。また、常に安心安全な社会基盤構築に貢献することを目指している。

<予告です!>
次回12月14日(金)開催、第7回『MASPなんでも高座』の予告です。

『私たちが本当に求めるものは何か~「競争力強化」「売上・利益の追求」の
先に求めるもの』 和澤功 氏(MASP運営委員)
 
詳細後日にご案内いたします。





受付を終了しました
ホーム|MASPについて|MASPの活動用語解説最新ニュースアーカイブイベント入会案内個人情報保護方針お問い合わせ
NPO法人技術データ管理支援協会(MASP) | 日本のものづくりの長所(多品種少量生産)を活かす情報技術整備を支援します
Copyright(c) by MASP Association. All rights reserved.