NPO法人MASP は日本のものづくりの長所(多品種少量生産)を活かす情報技術整備を支援します!

メインメニュー
ログイン
会員登録済みの方は
ここからログインを
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失
Forum会員新規登録
最新ニュース
担当者 otsukanb  登録日時 2017/2/3 23:47 (88 ヒット)

MASP会員 様
MASPフォーラム会員 様
MASP主催研究会に参加された皆様

「新顧客価値創造研究会2016年度」事務局

第8回新顧客価値創造研究会(2016年度)のご案内


平素はNPO法人技術データ管理支援協会(MASP)の諸活動にご支援を
を賜り、厚く御礼申し上げます。

首題、「新顧客価値創造研究会(2016年度)」(第8回)
を下記要領にて開催いたしますので、是非とも参加を賜りたく、ご案内申
し上げます。
この1年間研究会に参加いただき有り難うございました。今回を持ちまし
て今年度の研究会を終了させていただきます。この一年間、主査なしでの
開催で続くか心配しましたが、皆様の暖かいご協力のお陰で終了でき
そうです。ご協力有り難うございました。次年度は主査の下に開催する
予定ですので引き続きご協力をお願いいたします。

                     記

テーマ:「顧客価値創造における生産性向上の意味とは」及び
    2017年度研究会の件について
     
登壇者:全員「顧客価値創造における生産性向上の意味とは」
伊庭次年度研究会主査「2017年度研究会について」

概要:
  この約一年間、顧客価値創造に関わる様々な話題を多岐にわたって
議論して参りました。
今回はその締めとして巷で言われている「生産性向上」をどういう風に
とらえればよいか幅広く議論したいと思います。
さらに続いて、次年度の研究会についてテーマ、開催方法などについて
議論したいと思います。皆様の積極的なご参加を期待しております。

日時:2017年2月15日(水) 13:30PM~17:00  

会場:「三田いきいきプラザ 集会室A」  JR田町駅西口 徒歩8分 
http://www.city.minato.tokyo.jp/shisetsu/fukushi/ikiki/01.html
対象:MASP会員、MASPフォーラム会員、その他 どなたでも歓迎!

費用:参加費は無料 

申込:MASPホームページ*「イベント案内」から参加お申し込みください。

【イベント案内】⇒第5回『 新顧客価値創造研究会』 ⇒【参加登録】⇒氏名等記入
⇒【確認ページへ】⇒最下段 【予約を申し込む】クリック(前日までに)
* http://www.masp-assoc.org/

本件に関するお問合せは
新顧客価値創造研究会事務局・大塚(pxn07367@nifty.ne.jp)まで。

受付を終了しました
ホーム|MASPについて|MASPの活動用語解説最新ニュースアーカイブイベント入会案内個人情報保護方針お問い合わせ
NPO法人技術データ管理支援協会(MASP) | 日本のものづくりの長所(多品種少量生産)を活かす情報技術整備を支援します
Copyright(c) by MASP Association. All rights reserved.