NPO法人MASP は日本のものづくりの長所(多品種少量生産)を活かす情報技術整備を支援します!

メインメニュー
ログイン
会員登録済みの方は
ここからログインを
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失
Forum会員新規登録
最新ニュース
担当者 kabumaru  登録日時 2017/5/11 14:25 (105 ヒット)

NPO法人 技術データ管理支援協会 (略称:MASPアソシエーション)

        第13回 定期研究会 開催のご案内

                          理事長:柿谷 常彰

 拝啓 時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

  第13回定期研究会を下記要領にて開催いたします。
 
ご多忙中とは存じますが、ぜひともご出席賜りますようお願い致します。

                                       敬具

         (記)

第13回 NPO法人技術データ管理支援協会 定期研究会 式次第

日 時:2017年5月24日(水)14:20PM~17:00
場 所:港区立三田いきいきプラザ2階 会議室
アクセス:地下鉄三田駅A9出口から徒歩1分、JR田町駅から徒歩7~8分
http://shiba-ikiiki.com/mita/access/

定期研究会:14:20PM~16:50

【主旨】

 近年、IoTに代表されるように、情報技術を取り巻く技術進歩には目覚ましい
ものがあります。しかし、企業で運営されている情報システムを見てみますと
レガシーシステムから最新のシステムまで、混在している企業が多いのではない
でしょうか?アーキテクチャなし都市計画では乱立した市街を維持・管理に莫大
な費用が掛かります。財政難のもとでは、むしろスラム化していく可能性もあり
ます。企業の情報システムも同じ運命を辿らない為には、アーキテチャーをもと
に中長期計画を立てて進めていく必要があると考えます。

 今回は、オムロン様で、アーキテクチャ等の設計に従事された海老原様をお迎
えし、オムロン様の事例等を含めたご講演を行って貰い、また、皆様と一緒に
ディスカッションの場にし、次へ1歩としたいと思います。
現場に密着したテーマでより皆様のお役に立てる内容をと思い企画させていただ
きました。

 最初に昨年度のMASP研究会活動テーマ「新・顧客価値創造」について活動を
行ってきましたので、活動成果と今年度の研究会の主旨につきましてお話し頂き
ます。

続きまして、海老原吉晶氏に「ITとデータとIT部門」、講演をして頂きます
きっと、皆様方の期待に沿ったお話しをお聞きできると思いますので、会員以外
の方もお誘いの上ぜひ出席下さるようにお願い申し上げます。


【講演会】

14:20~14:50
 講演1. 「新・顧客価値創造研究会報告」
     
  講師: 大塚 修彬氏(協会副理事長)
  講師: 伊庭 嘉孝氏(協会運営委員)

概要 新・顧客価値創造研究会は前年度の研究結果であるマスカスタマイゼー
    ションを「生産マネジメント」の主要な役割としてだけでは捉えきれな
    い重要なテーマであるので、「ものづくりマネジメント」として捉え直
    し、新技術であるIoTやAI技術などをどう位置づけするかを検討した。
    その結果の概略を報告すると共に反省を含めて今年度の研究会の開催主
    旨をご説明したい。

    <今年度研究会開催主旨>
    昨年度の活動を受けて、MASPの考えるマスカスタマイゼーションとは何
    か、そこにMASPの方法論がどのように活きてくるのかを考える場とする。
    検討対象は、供給者論理のコンフィギュレーションを考える題材ではな
    く、需要側の多様性、感性評価軸、人と人のつながりの考察が不可欠と
    なる領域とする。
    これは、真の価値創造は「顧客視点」どころではなく、「生活者自身の
    身になって」考えることから始まるという想いからである。
    統合工程部品表概念が、ソーシャルなサービスにおいても活きてくるの
    か否か、多様性や感性評価軸はどのように情報化できるのか、そこには
    いかなる情報構造が描き得るのか…
    これらを楽しみながら学ぶ活動を通じ、MASP手法の有意性を探っていき
    たい。

休憩:14:50~15:00

15:00~16:50   
 講演2. 「ITとデータとIT部門と」 
  
  講師: 海老原 吉晶氏(オムロン株式会社)

 概要 ITの技術進歩と、事業におけるIT利活用の領域は日々発展・拡大してい
    ます。しかしながら、中長期を見据えたアーキテクチャ設計を行わない
    まま構築したシステム群が乱立し、業務プロセス間のスムーズな連携や、
    蓄積された「データ資産」を十分に活用できずにいるケースが散見され
    ます。オムロンで行ってきたITプロジェクトの事例を交えながら、これ
    からのITとデータ、IT部門が果たすべき役割について、皆さんと一緒に
    ディスカッションをさせていただきます。

========================================================================

【懇親会】:17:10PM~    

会場近くで軽い懇親会を予定しています。是非ご参加下さい。
              
会 費:会員: 無料

     一般: 3,000円

========================================================================

受付を終了しました
ホーム|MASPについて|MASPの活動用語解説最新ニュースアーカイブイベント入会案内個人情報保護方針お問い合わせ
NPO法人技術データ管理支援協会(MASP) | 日本のものづくりの長所(多品種少量生産)を活かす情報技術整備を支援します
Copyright(c) by MASP Association. All rights reserved.