NPO法人MASP は日本のものづくりの長所(多品種少量生産)を活かす情報技術整備を支援します!

メインメニュー
ログイン
会員登録済みの方は
ここからログインを
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失
Forum会員新規登録
最新ニュース
担当者 ms-labo  登録日時 2017/10/20 10:49 (313 ヒット)

MASP会員 様
MASPフォーラム会員 様
MASP主催研究会に参加された皆様

                        MASPなんでも高座 事務局

第16回「MASPなんでも高座」を11月15日(水)に開催したしますので、
ぜひご参加下さい。

話題:合意形成技法「ConForM」の有用性~戦略課題に適応できるか?

登壇:高橋史人(タカハシチカヒト)マネージメント&システム研究所 MASP理事

問題意識:
①MASPの知的財産「ConForM」はオペレーショナル業務の課題・問題の抽出
 と関係者の合意形成に有効である。 しかし最近は導入する企業が少ない。

②企業のニーズは戦略型・創造型の問題(例えば価値創造)に移行している。
「ConForM」戦略型・創造型問題・課題にを活用した事例を紹介する。

③「ConForM」の特性を深耕、本講座参加者のご意見を拝聴、戦略的な問題、
  創造型の課題に有効な技法として改善したい。

日時:2017年11月15日(水) 14:00PM~16:45(受付開始は13:30PM )

会場:「神明いきいきプラザ」 集会室C  JR浜松町駅北口 徒歩3分
     住所:港区浜松町一丁目6番7号 Tel:03-3436-2510  http://www.city.minato.tokyo.jp/shisetsu/fukushi/ikiki/18.html

対象:MASP会員, MASPフォーラム会員, その他 何方でも参加歓迎!

費用:参加費は無料 (有志参加の懇親会は有料/3,000円程度)

申込:事前申込制
MASPホームページ*「イベント案内」から参加お申し込みください。

【イベント案内】⇒第16回「MASPなんでも高座」⇒【参加登録】⇒氏名等記入⇒【確認ページへ】⇒最下段 【予約を申し込む】クリック(前日までに)

(注)予約確認メールが届かない場合、高座事務局まで御連絡ください。

本件に関するお問い合わせ先
 高座事務局・高橋(ms-labo@mvh.biglobe.ne.jp / 090-1999-8300)

「ConForM}とは
  Concept Formulation and Problem Solving Method
・概念形成と問題解決における合意形成技法
・組織が抱える問題を認識し、為すべき事柄を確認、誤解の余地が狭まる
 よう概念を規定し、問題解決の可能性を検討して行動計画を策定する技法。

受付を終了しました
ホーム|MASPについて|MASPの活動用語解説最新ニュースアーカイブイベント入会案内個人情報保護方針お問い合わせ
NPO法人技術データ管理支援協会(MASP) | 日本のものづくりの長所(多品種少量生産)を活かす情報技術整備を支援します
Copyright(c) by MASP Association. All rights reserved.