NPO法人MASP は日本のものづくりの長所(多品種少量生産)を活かす情報技術整備を支援します!

メインメニュー
ログイン
会員登録済みの方は
ここからログインを
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失
Forum会員新規登録
最新ニュース
担当者 ampo  登録日時 2018/4/3 10:58 (417 ヒット)

NPO会員、NPOフォーラム会員、一般の皆様

 NPO法人 技術データ管理支援協会(略称:MASP)は、ビジネスの変化に対応し業務改革
を推進しやすい柔軟な情報システムの構築支援を、長年にわたって多くの企業に行ってまい
りました。その中核技術である「概念データモデル設計法」を解説するセミナーを6月6日に
開催いたします。

 概念データモデル設計法は、ビジネスをデータモデルで捉え、働く人が協調できるシステ
ムの設計図を描き、ビジネス改革の実行計画を作成する方法です。その概要と事例説明など
を通して、どのように利用するのか、どういった効果が得られるのかをお伝えします。

 特に現場(業務部門)主体でビジネス改革を推進しようと検討されている方の参加をお勧
めします。

以下詳細

<開催概要>

日時:2018年6月6日(水) 13:30~17:00
講師:手島 歩三氏、高橋 哲氏(技術データ管理支援協会理事)
会場:港区立三田いきいきプラザ(2階集会室A)
アクセス:地下鉄三田駅A9出口から徒歩1分、JR田町駅から徒歩7~8分
http://shiba-ikiiki.com/mita/access/

内容:
・企業情報システムの現状と課題
・概念データモデル設計法が目指す企業情報システム
・概念データモデルの設計方法(静的モデル、動的モデル、組織間連携モデル)
・ビジネス改革実行計画の作成方法(情報システム構築との同期)
・事例(鉄鋼メーカ、通信事業者など)
 
対象:
様々な部門(営業、設計、製造、品質管理、保守、経営企画、システムなど)が力を合わせ、
現場主体でビジネス改革に取り組もうとする企業・組織の方々を対象に解説いたします。現
在の業務に問題があると考えている方、情報システムのあり方に疑問を感じている方、企業
のビジネスモデルを捉えたい方は、是非ご参加下さい。

参加費:
無料

申込方法:
下記の予約申込にご記入ください。

主催:
NPO法人 技術データ管理支援協会(MASP)

不明な点やご質問があればメールでご連絡ください(info@masp-assoc.org)

受付を終了しました
ホーム|MASPについて|MASPの活動用語解説最新ニュースアーカイブイベント入会案内個人情報保護方針お問い合わせ
NPO法人技術データ管理支援協会(MASP) | 日本のものづくりの長所(多品種少量生産)を活かす情報技術整備を支援します
Copyright(c) by MASP Association. All rights reserved.