NPO法人MASP は日本のものづくりの長所(多品種少量生産)を活かす情報技術整備を支援します!

メインメニュー
ログイン
会員登録済みの方は
ここからログインを
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失
Forum会員新規登録
最新ニュース
担当者 ampo  登録日時 2018/4/5 15:22 (297 ヒット)

NPO会員、NPOフォーラム会員、一般の皆様

 NPO法人 技術データ管理支援協会(略称:MASP)は、ビジネスの変化に対応
し業務改革を推進しやすい柔軟な情報システムの構築支援を、長年にわたって多
くの企業に行ってまいりました。 6月25日に 、製造業のものづくりマネジメント
に焦点をあてて解説するセミナーを開催いたします。

 本セミナー「顧客ニーズに柔軟に応えるものづくりマネジメント」では、製造
ビジネスの現状と問題点を分析し、その対策として統合生産計画が可能なものづ
くりマネジメントの方法、および事例を解説します。

 国内製造業では、低コストで使えるようになったITを活用して、現場の知識・
知恵を組織内に蓄積し、顧客ニーズに柔軟に応えている企業があります。一方、
パッケージ・ソフトウエアを導入して、失敗する企業も依然として後を絶ちませ
ん。失敗せずに、着実にITを活用できる方法が求められています。

 その方法として、自社のものづくりの姿を捉える統合工程部品表を整備し、生
産計画を立案して適切な生産管理を行う技術を紹介します。これにより、顧客が
求める多様な製品仕様や納期に柔軟に応えられる仕組みを実現できるようになり
ます。

 特に現場(業務部門)主体でビジネス改革を推進しようと検討されている方の
参加をお勧めします。

以下詳細

<開催概要>

日時:2018年6月25日(月) 13:30~17:00
講師:手島 歩三氏、武藤 宏二氏(技術データ管理支援協会理事)
会場:港区立三田いきいきプラザ(2階集会室A)
アクセス:地下鉄三田駅A9出口から徒歩1分、JR田町駅から徒歩7~8分
http://shiba-ikiiki.com/mita/access/

内容:
・製造ビジネスの現状と問題点
・統合工程部品表の概要
・統合生産計画に基づくものづくりマネジメント
・事例(タイヤメーカ、住宅機器メーカ、中小金属加工業)

対象:
様々な部門(営業、設計、製造、品質管理、保守、経営企画、システムなど)が
力を合わせ、現場主体でビジネス改革に取り組もうとする企業・組織の方々を対
象に解説いたします。現在の業務に問題があると考えている方、情報システムの
あり方に疑問を感じている方、企業のビジネスモデルを捉えたい方は、是非ご参
加下さい。

参加費:
無料

申込方法:
下記の予約申込にご記入ください。

主催:
NPO法人 技術データ管理支援協会(MASP)

不明な点やご質問があればメールでご連絡ください(info@masp-assoc.org)

受付を終了しました
ホーム|MASPについて|MASPの活動用語解説最新ニュースアーカイブイベント入会案内個人情報保護方針お問い合わせ
NPO法人技術データ管理支援協会(MASP) | 日本のものづくりの長所(多品種少量生産)を活かす情報技術整備を支援します
Copyright(c) by MASP Association. All rights reserved.