NPO法人MASP は日本のものづくりの長所(多品種少量生産)を活かす情報技術整備を支援します!

メインメニュー
ログイン
会員登録済みの方は
ここからログインを
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失
Forum会員新規登録
最新ニュース
担当者 ampo  登録日時 2019/2/19 23:48 (525 ヒット)

NPO会員、フォーラム会員、一般の皆様

  NPO法人 技術データ管理支援協会(略称:MASP)は、ビジネスの変化に対応し業務改革を推進しやすい柔軟な情報システムの構築を支援してきました。さらに、日本の製造業の長所を強化する情報技術の整備も進めており、大手および中小製造業の業務改革にその技術が利用されています。
 長年にわたって製造業の改革に利用されてきた技術の全容を解説するセミナー「多品種少量時代の製造業支援技術」をこの3月~4月に4回にわたって開催します。
 第1回から第3回(前半)まで、情報システム・アーキテクチャを解説する講義の後に概念データモデルを設計する演習を行います。
 第3回(後半)から第4回に、生産情報システムのアーキテクチャおよび技術に関する講義で、無理なく段階的に改革を進める方法を解説します。さらに基盤となる統合工程部品表管理ソフトウエア「FBOMエディタ」のデモを行います。

以下詳細

<セミナー概要>

第1回 3月9日(土) 10:00~17:00
情報システム・アーキテクチャ基礎
概念データモデル設計法(事業領域と事業使命、静的モデル)

第2回 3月23日(土) 10:00~17:00
概念データモデル設計法(静的モデルの続き、動的モデル、組織間連携モデル)

第3回 4月6日(土) 10:00~17:00
概念データモデル設計法(組織間連携モデルの続き)
生産情報システム・アーキテクチャ

第4回 4月20日(土) 10:00~17:00
生産情報システム(統合工程部品表、供給計画、なりゆきスケジューラ、進度管理)
統合工程部品表管理ソフトウエア(FBOMエディタ)

※東京IT経営センターとの共催です
※進行によっては実施日がずれることがあります。


<講師>
技術データ管理支援協会運営委員
 手島 歩三氏
 藤村 光氏
 安保 秀雄氏
 伊庭 嘉孝氏
 町井 昌徳氏

<会場>
さがみはら産業創造センター 2棟1F大会議室(神奈川県相模原市緑区西橋本5-4-21)

<アクセス>
京王線、JR横浜線 橋本駅南口から徒歩10分
https://www.sic-sagamihara.jp/sic2/company/company.php?m=access

<参加費>
MASP会員:無料
(非会員は1回1万円、4回参加の場合4万円)

<定員>
18人(定員に達したので締め切りました)

<申込方法>
このサイト下にある「予約申込」にお名前等を記入してください。

<連絡先>
不明な点やご質問があれば、メールでご連絡ください
infox@masp-assoc.org

受付を終了しました
ホーム|MASPについて|MASPの活動用語解説最新ニュースアーカイブイベント入会案内個人情報保護方針お問い合わせ
NPO法人技術データ管理支援協会(MASP) | 日本のものづくりの長所(多品種少量生産)を活かす情報技術整備を支援します
Copyright(c) by MASP Association. All rights reserved.