NPO法人MASP は日本のものづくりの長所(多品種少量生産)を活かす情報技術整備を支援します!

メインメニュー
ログイン
会員登録済みの方は
ここからログインを
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失
Forum会員新規登録
担当者 ms-labo  登録日時 2017/9/20 23:26 (26 ヒット)

MASP会員 様
MASPフォーラム会員 様
MASP主催研究会に参加された皆様
                           「MASPなんでも高座」事務局

第15回「MASPなんでも高座」を10月12日(木)に開催したしますので、ぜひご参加下さい。

話題:「人の能力を活かすIT:情報システム工学の課題
~情報システムとソフトウエアの異質性」

登壇:手島 歩三(テシマ アユミ)NPO法人技術データ管理支援協会 理事

主旨:ITの使い方を抜本的に改革しましょう。現在のITは発達し、ビジネス、さらには社会に従来とは異質な影響を及ぼす水準に達しています。自動化と省力という意味の生産性向上では済ませられない情勢です。裸のAIやIOT,3DCAD/プリンタ導入では宝の持ち腐れに終わります。しっかりした基礎の上に、新技術を活用する仕組みを構築しましょう。

日時:2017年10月12日(木) 14:00PM~16:45(受付開始は13:30PM )

会場:神明いきいきプラザ 集会室B  JR浜松町駅北口 徒歩3分
   住所:港区浜松町一丁目6番7号 Tel:03-3436-2510    http://www.city.minato.tokyo.jp/shisetsu/fukushi/ikiki/18.html

対象:MASP会員, MASPフォーラム会員, その他 何方でも参加歓迎!

費用:参加費は無料 (有志参加の懇親会は有料/3,000円程度)
申込:事前申込制
MASPホームページ*「イベント案内」から参加お申し込みください。

【イベント案内】⇒第15回『 MASPなんでも高座』 ⇒【参加登録】⇒氏名等記入 ⇒【確認ページへ】⇒最下段 【予約を申し込む】クリック(前日までに)

(注)予約確認メールが届かない場合、高座事務局まで御連絡ください。

本件に関するお問い合わせ先
高座事務局・高橋(ms-labo@mvh.biglobe.ne.jp / 090-1999-8300)

担当者 iba  登録日時 2017/8/22 13:30 (18 ヒット)

MASP会員 様
MASPフォーラム会員 様
MASP主催研究会に参加された皆様

「MASP研究会 進・情報構造設計演習」事務局


第3回 進・情報構造設計演習(2017年度)のご案内


平素はNPO法人技術データ管理支援協会(MASP)の諸活動にご支援を
賜り、厚く御礼申し上げます。

首題、MASP研究会「進・情報構造設計演習」(2017年度第3回)
を下記要領にて開催いたします。
この活動は前年度までの「新顧客価値創造研究会」の後を受けたものと
なります。(演習というタイトルですが以下「研究会」と呼称します。)
みなさまには、お気兼 ねなくご参加いただき、自由にご意見を交わし合い
ながら創造的に進めていきたいと存じます。


               記

【日時】2017年9月20日(水)13:30〜17:00

【会場】三田いきいきプラザ  JR田町駅西口 徒歩8分 
http://www.city.minato.tokyo.jp/shisetsu/fukushi/ikiki/01.html

【研究会概要】
主テーマ=MASPの描くマス・カスタマイゼーションとは何か?
〜ソーシャル・サービスは マス・カスタマイゼーション化できるか〜

地域活性化活動を取上げ、いわゆるソーシャル・サービスのよりよい
普及・継続進化に対してMASP情報技術がいかに貢献できるかの考察を
通じて、テーマの問いを明らかにしていきたいと考えます。

【対象事業】
文京建築会ユースの『まちつぎ』活動

【対象事業概要】
若手建築家たちによる、まちの失われゆく「場」のリノベーション活動を
通じて、3つの「つぎ」(人のつながり、営みの継続、次の世代への継承)
を地道に育んでいく活動です。
特に主活動の「銭湯」リノベーションにフォーカスして見ていきます。

【課題の例】
リーダーへの負荷集中、諸々の事務的業務の非効率さ
協働の輪がなかなか拡がらない
うまい分業化・しくみ化ができていない
得た人脈・知見の蓄積と活かしがうまくできない 等々

【9月の活動内容】
8月会合で上記事業を「事業領域と使命」のフレームワークで把握してみました。
今回は新ためて俯瞰し直し、その整合確認と、抜け洩れの埋めを行うとともに
素問題抽出と本取組における留意点や重点化すべき点などの洗い出しを試みます。
(次回以降の「情報構造の仮説を立てる」につなげていく準備となります。)

【今後の活動予定】
・モデル化作業(2回)
  →「組織間連携図」と「機能・価値連鎖図」の作成
・対象物と活動の構造化(2回)
  →「ソーシャルサービス情報アーキテクチャ」表の作成
・情報活用促進の方法検討(2回)
  →情報システムが寄与できる事柄を案出する
  →ソーシャルサービスを支える基盤事業の姿を考える
・活動の振り返り→必要に応じてアプローチ・アウトプット見直し(2回)

【開催日程】
月1回開催(13:30~17:00)
計10回(6月~3月)を予定しております。
(日程・場所決まり次第、順次ご案内いたします。)

【研究会の対象者】MASP会員、MASPフォーラム会員、その他 どなたでも歓迎!

【費用】参加費は無料 

【申込方法】MASPホームページ*「イベント案内」から参加お申し込みください。
      ↓↓↓  ↓↓↓  ↓↓↓  ↓↓↓  ↓↓↓
イベント案内⇒第1回『進・情報構造設計演習』 ⇒『参加登録』⇒氏名等記入
⇒『確認ページへ』⇒最下段 『予約を申し込む』クリック(前日までに)
* http://www.masp-assoc.org/

*************************************

本件に関するお問合せは
進・情報構造設計演習 事務局・伊庭(eskis1831@gmail.com)まで。

担当者 ms-labo  登録日時 2017/8/10 21:04 (49 ヒット)

MASP会員 様
MASPフォーラム会員 様
MASP主催研究会に参加された皆様
                
「MASPなんでも高座」事務局

第14回「MASPなんでも高座」を9月14日(木)に開催したしますので、ぜひご参加下さい。

話題:
「一人メーカー時代のデジタルモノづくり~CAD/CAM/CAE/PLMと3Dデータによる一気通貫のプロセスの実現~」

狙い:
(1)お手軽になったデジタルツールと旧来のモノづくりプロセスのせめぎあいの解消
(2)デジタルデータによるモノづくり関係者間の意思疎通の改善


登壇:水野 操(ミズノ ミサオ) mfabrica合同会社


日時:2017年9月14日(木)14:00PM~16:45(受付開始は13:30PM )

会場:神明いきいきプラザ 集会室B  JR浜松町駅北口 徒歩3分
   港区浜松町一丁目6番7号 Tel:03-3436-2510
     http://www.city.minato.tokyo.jp/shisetsu/fukushi/ikiki/18.html

対象:MASP会員, MASPフォーラム会員, その他 何方でも参加歓迎!

費用:参加費は無料 (有志参加の懇親会は有料/3,000円程度)

申込:事前申込制
 MASPホームページ*「イベント案内」から参加お申し込みください

【イベント案内】⇒第14回『 MASPなんでも高座』 ⇒【参加登録】⇒氏名等記入 ⇒【確認ページへ】⇒最下段 【予約を申し込む】クリック(前日までに)
* http://www.masp-assoc.org/

本件に関するお問い合わせ先
高座事務局・高橋(ms-labo@mvh.biglobe.ne.jp / 090-1999-8300)

担当者 iba  登録日時 2017/7/11 8:56 (30 ヒット)

MASP会員 様
MASPフォーラム会員 様
MASP主催研究会に参加された皆様

「MASP研究会 進・情報構造設計演習」事務局


第2回 進・情報構造設計演習(2017年度)のご案内


平素はNPO法人技術データ管理支援協会(MASP)の諸活動にご支援を
賜り、厚く御礼申し上げます。

首題、MASP研究会「進・情報構造設計演習」(2017年度第2回)
を下記要領にて開催いたします。
この活動は前年度までの「新顧客価値創造研究会」の後を受けたものと
なります。(演習というタイトルですが以下「研究会」と呼称します。)
みなさまには、お気兼 ねなくご参加いただき、自由にご意見を交わし合い
ながら創造的に進めていきたいと存じます。


               記

【日時】2017年7月19日(水)13:30〜17:00

【会場】三田いきいきプラザ  JR田町駅西口 徒歩8分 
http://www.city.minato.tokyo.jp/shisetsu/fukushi/ikiki/01.html

【研究会概要】
主テーマ=MASPの描くマス・カスタマイゼーションとは何か?
〜ソーシャル・サービスは マス・カスタマイゼーション化できるか〜

地域活性化活動を取上げ、いわゆるソーシャル・サービスのよりよい
普及・継続進化に対してMASP情報技術がいかに貢献できるかの考察を
通じて、テーマの問いを明らかにしていきたいと考えます。

【対象事業】
文京建築会ユースの『まちつぎ』活動

【対象事業概要】
若手建築家たちによる、まちの失われゆく「場」のリノベーション活動を
通じて、3つの「つぎ」(人のつながり、営みの継続、次の世代への継承)
を地道に育んでいく活動です。
特に主活動の「銭湯」リノベーションにフォーカスして見ていきます。

【課題の例】
リーダーへの負荷集中、諸々の事務的業務の非効率さ
協働の輪がなかなか拡がらない
うまい分業化・しくみ化ができていない
得た人脈・知見の蓄積と活かしがうまくできない 等々

【7月の活動内容】
6月会合での方向性確認を受けて、
ヒアリングしてきた内容をご紹介し、本活動での取り組みかたを
議論します。その際、下記のアウトプットを出すことを目標と致します。
・事業領域と使命のフレームワークで俯瞰する。
・素問題抽出と本取組における留意点や重点化すべき点などを洗い出す。
・情報構造についての仮説を立てる。

【今後の活動予定】
・モデル化作業(2回)
  →「組織間連携図」と「機能・価値連鎖図」の作成
・対象物と活動の構造化(2回)
  →「ソーシャルサービス情報アーキテクチャ」表の作成
・情報活用促進の方法検討(2回)
  →情報システムが寄与できる事柄を案出する
  →ソーシャルサービスを支える基盤事業の姿を考える
・活動の振り返り→必要に応じてアプローチ・アウトプット見直し(2回)

【開催日程】
月1回開催(13:30~17:00)
計10回(6月~3月)を予定しております。
(日程・場所決まり次第、順次ご案内いたします。)

【研究会の対象者】MASP会員、MASPフォーラム会員、その他 どなたでも歓迎!

【費用】参加費は無料 

【申込方法】MASPホームページ*「イベント案内」から参加お申し込みください。
      ↓↓↓  ↓↓↓  ↓↓↓  ↓↓↓  ↓↓↓
イベント案内⇒第1回『進・情報構造設計演習』 ⇒『参加登録』⇒氏名等記入
⇒『確認ページへ』⇒最下段 『予約を申し込む』クリック(前日までに)
* http://www.masp-assoc.org/

*************************************

本件に関するお問合せは
進・情報構造設計演習 事務局・伊庭(eskis1831@gmail.com)まで。

担当者 ms-labo  登録日時 2017/6/22 22:39 (124 ヒット)

MASP会員 様
MASPフォーラム会員 様
MASP主催研究会に参加された皆様

                        MASPなんでも高座事務局

第13回「MASPなんでも高座」を7月13日(木)に下記要領にて開催したしますので、
ぜひご参加下さい。

========================= 記 ==============================

話題:「成り行き任せにしない自分の老後~現代版隠居と民間版地域包括ケアの実現」

登壇:尾川 宏豪(オガワ ヒロヒデ) 株式会社 野村総合研究所

内容:
(1)超高齢社会の現状と高齢者施策
(2)日常生活支援の意義と効果
(3)高齢者取引に必要な機能と生活支援団体の可能性
(4)日常生活支援のための新たなプラットフォーム

日時:2017年7月13日(木) 14:00PM~16:45

会場:会場が以下に変更されました!

  「神明いきいきプラザ」 集会室B  JR浜松町駅北口 徒歩3分
   住所:港区浜松町一丁目6番7号 Tel:03-3436-2510 

対象:MASP会員, MASPフォーラム会員, その他 何方でも参加歓迎!

費用:参加費は無料 (有志参加の懇親会は有料/3,000円程度)

申込:事前予約制
ホームページ「イベント案内」から参加お申し込みください。
【イベント案内】⇒第13回『 MASPなんでも高座』 ⇒【参加登録】
 ⇒氏名等記入 ⇒【確認ページへ】⇒最下段 【予約を申し込む】クリック  (前日まで)

本件に関するお問い合わせ先
高座事務局・高橋(ms-labo@mvh.biglobe.ne.jp / 090-1999-8300)

担当者 ms-labo  登録日時 2017/5/18 21:58 (112 ヒット)

MASP会員 様
MASPフォーラム会員 様
MASP主催研究会に参加された皆様

      「MASPなんでも高座」事務局

第12回「MASPなんでも高座」を6月22日(木)に開催したしますので、
ぜひご参加下さい。

======================== 記 ============================

話題:物流クライシス ~ラストワンマイルの現状と今後の方向について
サービス業の生産性と絡めて考える

登壇:貫名 忠好(ヌキナ タダヨシ) 西濃運輸株式会社

内容:
(1) ラストワンマイルの現状と課題
(2) 宅配便だけではない!企業物流にも確実に迫る物流クライシスと対応

日時:2017年6月22日(木) 14:00PM~16:45
会場:「神明いきいきプラザ」 集会室B JR浜松町駅北口 徒歩3分 
http://www.city.minato.tokyo.jp/shisetsu/fukushi/ikiki/18.html

対象:MASP会員, MASPフォーラム会員, その他 何方でも参加歓迎!
費用:参加費は無料 (有志参加の懇親会は有料/3,000円程度)

申込:MASPホームページ*「イベント案内」から参加お申し込みください。
【イベント案内】⇒第12回『 MASPなんでも高座』 ⇒【参加登録】
⇒氏名等記入⇒【確認ページへ】⇒最下段 【予約を申し込む】クリック  (前日までに) * http://www.masp-assoc.org/

本件に関するお問い合わせ先
高座事務局・高橋(ms-labo@mvh.biglobe.ne.jp / 090-1999-8300)

<予告です!>
次回7月13日(木)、第13回「MASPなんでも高座」 開催の予告です。
テーマは『成り行き任せの老後にしないための処方箋(仮)』尾川 幹豪氏
(株)野村総合研究所

詳細後日にご案内いたします。

担当者 iba  登録日時 2017/6/8 9:38 (76 ヒット)

MASP会員 様
MASPフォーラム会員 様
MASP主催研究会に参加された皆様

「MASP研究会 進・情報構造設計演習」事務局


第1回 進・情報構造設計演習(2017年度)のご案内


平素はNPO法人技術データ管理支援協会(MASP)の諸活動にご支援を
賜り、厚く御礼申し上げます。

首題、MASP研究会「進・情報構造設計演習」(2017年度第1回)
を下記要領にて開催いたします。
この活動は前年度までの「新顧客価値創造研究会」の後を受けたものと
なります。(演習というタイトルですが以下「研究会」と呼称します。)
みなさまには、お気兼 ねなくご参加いただき、自由にご意見を交わし合い
ながら創造的に進めていきたいと存じます。


               記

【日時】2017年6月21日(水)13:30〜17:00

【会場】三田いきいきプラザ 集会室A  JR田町駅西口 徒歩8分 
http://www.city.minato.tokyo.jp/shisetsu/fukushi/ikiki/01.html

【研究会概要】
主テーマ=MASPの描くマス・カスタマイゼーションとは何か?
〜ソーシャル・サービスは マス・カスタマイゼーション化できるか〜

地域活性化活動を取上げ、いわゆるソーシャル・サービスのよりよい
普及・継続進化に対してMASP情報技術がいかに貢献できるかの考察を
通じて、テーマの問いを明らかにしていきたいと考えます。

【対象事業】
文京建築会ユースの『まちつぎ』活動

【対象事業概要】
若手建築家たちによる、まちの失われゆく「場」のリノベーション活動を
通じて、3つの「つぎ」(人のつながり、営みの継続、次の世代への継承)
を地道に育んでいく活動です。
特に主活動の「銭湯」リノベーションにフォーカスして見ていきます。

【課題の例】
リーダーへの負荷集中、諸々の事務的業務の非効率さ
協働の輪がなかなか拡がらない
うまい分業化・しくみ化ができていない
得た人脈・知見の蓄積と活かしがうまくできない 等々

【6月及び7月の活動内容】
ヒアリングしてきた内容をご紹介し、本活動での取り組みかたを
議論します。その際、下記のアウトプットを出すことを目標と致します。
・事業領域と使命のフレームワークで俯瞰する。
・素問題抽出と本取組における留意点や重点化すべき点などを洗い出す。
・情報構造についての仮説を立てる。

【今後の活動予定】
・モデル化作業(2回)
  →「組織間連携図」と「機能・価値連鎖図」の作成
・対象物と活動の構造化(2回)
  →「ソーシャルサービス情報アーキテクチャ」表の作成
・情報活用促進の方法検討(2回)
  →情報システムが寄与できる事柄を案出する
  →ソーシャルサービスを支える基盤事業の姿を考える
・活動の振り返り→必要に応じてアプローチ・アウトプット見直し(2回)

【開催日程】
月1回開催(13:30~17:00)
計10回(6月~3月)を予定しております。
(日程・場所決まり次第、順次ご案内いたします。)

【研究会の対象者】MASP会員、MASPフォーラム会員、その他 どなたでも歓迎!

【費用】参加費は無料 

【申込方法】MASPホームページ*「イベント案内」から参加お申し込みください。
      ↓↓↓  ↓↓↓  ↓↓↓  ↓↓↓  ↓↓↓
イベント案内⇒第1回『進・情報構造設計演習』 ⇒『参加登録』⇒氏名等記入
⇒『確認ページへ』⇒最下段 『予約を申し込む』クリック(前日までに)
* http://www.masp-assoc.org/

*************************************

本件に関するお問合せは
進・情報構造設計演習 事務局・伊庭(eskis1831@gmail.com)まで。

担当者 kabumaru  登録日時 2017/5/11 14:25 (68 ヒット)

NPO法人 技術データ管理支援協会 (略称:MASPアソシエーション)

        第13回 定期研究会 開催のご案内

                          理事長:柿谷 常彰

 拝啓 時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

  第13回定期研究会を下記要領にて開催いたします。
 
ご多忙中とは存じますが、ぜひともご出席賜りますようお願い致します。

                                       敬具

         (記)

第13回 NPO法人技術データ管理支援協会 定期研究会 式次第

日 時:2017年5月24日(水)14:20PM~17:00
場 所:港区立三田いきいきプラザ2階 会議室
アクセス:地下鉄三田駅A9出口から徒歩1分、JR田町駅から徒歩7~8分
http://shiba-ikiiki.com/mita/access/

定期研究会:14:20PM~16:50

【主旨】

 近年、IoTに代表されるように、情報技術を取り巻く技術進歩には目覚ましい
ものがあります。しかし、企業で運営されている情報システムを見てみますと
レガシーシステムから最新のシステムまで、混在している企業が多いのではない
でしょうか?アーキテクチャなし都市計画では乱立した市街を維持・管理に莫大
な費用が掛かります。財政難のもとでは、むしろスラム化していく可能性もあり
ます。企業の情報システムも同じ運命を辿らない為には、アーキテチャーをもと
に中長期計画を立てて進めていく必要があると考えます。

 今回は、オムロン様で、アーキテクチャ等の設計に従事された海老原様をお迎
えし、オムロン様の事例等を含めたご講演を行って貰い、また、皆様と一緒に
ディスカッションの場にし、次へ1歩としたいと思います。
現場に密着したテーマでより皆様のお役に立てる内容をと思い企画させていただ
きました。

 最初に昨年度のMASP研究会活動テーマ「新・顧客価値創造」について活動を
行ってきましたので、活動成果と今年度の研究会の主旨につきましてお話し頂き
ます。

続きまして、海老原吉晶氏に「ITとデータとIT部門」、講演をして頂きます
きっと、皆様方の期待に沿ったお話しをお聞きできると思いますので、会員以外
の方もお誘いの上ぜひ出席下さるようにお願い申し上げます。


担当者 ms-labo  登録日時 2017/3/21 21:07 (210 ヒット)

MASP会員 様
MASPフォーラム会員 様
MASP主催研究会に参加された皆様        
                      「MASPなんでも高座」事務局

第11回「MASPなんでも高座」を5月18日(木)に開催したしますので、
ぜひご参加下さい。

============================================================

話題:「サプライチェーン改善活動におけるプロジェクトマネージメント
    の重要性 ~中小企業を支援して感じること~』

登壇:横山 英機(ヨコヤマ ヒデキ)(株)流通エンジニアリング

狙い:プロジェクトマネジ-メントは、型通りでは上手くいかない。しかし業務改善ポイントや手順を知らない事には始まらない。多くのプロジェクト体験から学んだ自身のPMの考え方を、中小企業に適用して成果に繋げたい。そのためのポイントについて参加者と議論したい。

日時:2017年5月18日(木) 14:00PM~17:00

会場:野村総合研究所木場総合センター タワーN棟2F会議室 (1F受付集合) 
   地下鉄東西線木場駅4番出口より深川ギャザリア方面へ徒歩5分
    https://www.nri.com/jp/company/map/nri_kiba.html
  
対象:MASP会員, MASPフォーラム会員, その他 何方でも参加歓迎!

費用:参加費は無料 (有志参加の懇親会は有料/3,000円程度)

申込:MASPホームページ*「イベント案内」から参加お申し込みください。
【イベント案内】⇒第11回『 MASPなんでも高座』 ⇒【参加登録】⇒氏名等記入
⇒【確認ページへ】⇒最下段 【予約を申し込む】クリック
(前日までに)* http://www.masp-assoc.org/

次回第12回のお知らせです!

6月15日(木)演題は『物流クライシス~ラスト・ワンマイルの現状と今後の方向(仮)』貫名忠好氏(西濃運輸)の登壇です。詳細追って掲示。

担当者 ampo  登録日時 2017/2/28 17:02 (145 ヒット)

 NPO法人技術データ管理支援協会は、職業能力開発総合大学校(職業大)の一般研修「顧客ニーズに柔軟に応えるものづくりマネジメント」(2017年5月16~17日)において、当協会の生産管理手法について解説します。

コース設定の背景
 低コストで使えるようになったITを活用して、現場の知識・知恵を企業内に蓄積し、顧客ニーズに柔軟に応えている企業があります。一方、パッケージ・ソフトウエアを導入して、失敗する企業も後を絶ちません。失敗せずに、着実にITを活用できる方法と手順を習得する必要があります。

本研修のねらいと到達目標
 自社のものづくりの姿を捉える技術と、生産計画を立案し適切な生産管理を行う技術を学習します。これにより、顧客が求める製品仕様や納期に柔軟に応えられる仕組みを実現できるようになります。問題を抱える中小企業の事例をもとに問題解決策を具体的に検討することで、実際の事業への役立て方を演習できます。


以下詳細

前のイベント 次のイベント
ホーム|MASPについて|MASPの活動用語解説最新ニュースアーカイブイベント入会案内個人情報保護方針お問い合わせ
NPO法人技術データ管理支援協会(MASP) | 日本のものづくりの長所(多品種少量生産)を活かす情報技術整備を支援します
Copyright(c) by MASP Association. All rights reserved.