NPO法人MASP は日本のものづくりの長所(多品種少量生産)を活かす情報技術整備を支援します!

メインメニュー
ログイン
会員登録済みの方は
ここからログインを
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失
Forum会員新規登録
最新ニュース
担当者 ms-labo  登録日時 2016/11/17 22:44 (157 ヒット)

MASP会員(正会員・フォーラム会員)のコミュニケーション促進を目的にした第7回「MASPなんでも高座」を12月12日(月)に開催したしますので、ぜひご参加下さい。

話題:『私たちが本当に求めるものは何か』
~「競争力強化」、「売上・利益の追求」の先に求めるもの 

登壇:和澤 功 氏 高度生産研究所  MASP会員(運営委員)

主旨:
(1)“幸せ”とは何か。“豊かさ”とは何か、“人生で大切なこと”は何かを考える。
(2) 「報連相・残業・ノルマ」 なし、出勤簿なし・先着順採用・年齢給・5年分の内部留保、売上規模を追求いない、などユニークな中部地区の企業例などを紹介、改めて生産管理システムなどが本当に求めるものは何かを考える。

日時:2016年12月12日(月) 13:30PM~17:00

会場:「三田いきいきプラザ」 都営三田線・浅草線「三田駅」A9番出口徒歩1分(TeL:03-3452-9421)

対象:MASP会員、MASPフォーラム会員、どなたでも参加大歓迎!

費用:参加費は無料 (有志参加の懇親会は有料/3,000円程度)

申込:MASPホームページ*「イベント案内」から参加お申し込みください。

【イベント案内】⇒第7回『 MASPなんでも高座』 ⇒【参加登録】⇒氏名等記入 ⇒【確認ページへ】⇒最下段 【予約を申し込む】クリック(前日迄に)

本件に関するお問い合わせ先
高座事務局・高橋史人(ms-labo@mvh.biglobe.ne.jp

担当者 ampo  登録日時 2016/7/12 10:00 (441 ヒット)

 NPO法人技術データ管理支援協会は、職業能力開発総合大学校(職業大)の一般研修「顧客ニーズに柔軟に応えるものづくりマネジメント」(2016年12月8~9日)において、当協会の生産管理手法について解説します。

コース設定の背景
 低コストで使えるようになったITを活用して、現場の知識・知恵を企業内に蓄積し、顧客ニーズに柔軟に応えている企業があります。一方、パッケージ・ソフトウエアを導入して、失敗する企業も後を絶ちません。失敗せずに、着実にITを活用できる方法と手順を習得する必要があります。

本研修のねらいと到達目標
 自社のものづくりの姿を捉える技術と、生産計画を立案し適切な生産管理を行う技術を学習します。これにより、顧客が求める製品仕様や納期に柔軟に応えられる仕組みを実現できるようになります。職業大が教材として利用している生産管理ツールで実習しながら、その仕組みを具体的に体験・理解していきます。

以下詳細

担当者 ms-labo  登録日時 2016/10/13 10:21 (232 ヒット)

MASP会員(正会員・フォーラム会員)のコミュニケーション促進を目的に
した第6回「MASPなんでも高座」を11月17日(木)に開催したしますので、
ぜひご参加下さい。

話題:「中小企業の多品種少量生産を支える情報システム構築事例」 

登壇:石﨑 雅彦氏 (株)福富製作所 取締役社長

主旨:特殊仕様のオーダー門扉を高品質・短納期・低コストで提供するために
IT技術を活用した生産プロセスを構築した事例をご紹介します。

日時:2016年11月17日(木) 13:30PM~17:00
会場:「三田いきいきプラザ」都営三田線・浅草線「三田駅」A9番出口徒歩1分
対象:MASP会員、MASPフォーラム会員、どなたでも参加大歓迎!
費用:参加費は無料 (有志参加の懇親会は有料/3,000円程度)

申込:MASPホームページ「イベント案内」から参加申し込み下さい。
【イベント案内】⇒第6回『 MASPなんでも高座』 ⇒【参加登録】⇒氏名  等記入
⇒【確認ページへ】⇒最下段 【予約を申し込む】クリック(前日まで) 

本件に関するお問い合わせ先
高座事務局・高橋史人(ms-labo@mvh.biglobe.ne.jp

担当者 otsukanb  登録日時 2016/10/26 15:46 (148 ヒット)

MASP会員 様
MASPフォーラム会員 様
MASP主催研究会に参加された皆様

「新顧客価値創造研究会2016年度」事務局

第5回新顧客価値創造研究会(2016年度)のご案内


平素はNPO法人技術データ管理支援協会(MASP)の諸活動にご支援を
を賜り、厚く御礼申し上げます。

首題、「新顧客価値創造研究会(2016年度)」(第5回)
を下記要領にて開催いたしますので、是非とも参加を賜りたく、ご案内申し
上げます。
なお、当初は青木氏によるセキュリティと価値創造に関するテーマで予定して
おりましたが、青木氏の目の具合が悪く(11月精密検査予定でした)とても
用意ができないと言うことで急遽変更になりましたのでお詫びいたします。

                     記

テーマ:「情報品質保証総論」
登壇者:手島 歩三氏(MASP理事)

概要:
  情報品質保証の必要性という、ドイツが目指す「インダストリー4.0」、
IOT時代に備えて心すべき課題があります。
また、インターネットは外部からの侵入に弱く、ビッグデータはデータの質が低けれ
ば間違った方向に組織を導きます。価値研では11月「情報品質保証総論」と
12月「情報品質保証とセキュリティ対策」の2回にわたって、組織的に
情報システムの脆弱性に備える方策について皆様と討論したく思います。

日時:2016年11月11日(金) 13:30PM~17:00  
会場:「三田いきいきプラザ 集会室C」  JR田町駅西口 徒歩8分 
http://www.city.minato.tokyo.jp/shisetsu/fukushi/ikiki/01.html
対象:MASP会員、MASPフォーラム会員、その他 どなたでも歓迎!

費用:参加費は無料 

申込:MASPホームページ*「イベント案内」から参加お申し込みください。

【イベント案内】⇒第5回『 新顧客価値創造研究会』 ⇒【参加登録】⇒氏名等記入
⇒【確認ページへ】⇒最下段 【予約を申し込む】クリック(前日までに)
* http://www.masp-assoc.org/

本件に関するお問合せは
新顧客価値創造研究会事務局・大塚(pxn07367@nifty.ne.jp)まで。
今回はこちらにお願いします ⇒   伊庭 (eskis1831@gmail.com)まで

<予告です!>

 第6回『新顧客価値創造研究会』 12月16日(金) 開催決定! 
   場所:神明いきいきプラザ 集会室C
   話題提供者:手島歩三氏、テーマは11月の続きで
「情報品質保証とセキュリティ対策」を行います。

担当者 ms-labo  登録日時 2016/9/22 20:26 (224 ヒット)

MASP会員(正会員・フォーラム会員)のコミュニケーション促進を目的に、
第5回「MASPなんでも高座」を10月12日(水)に下記要領にて開催いたし
ますので、ぜひご参加下さい。

話題:『F-BOM、なりゆきスケジューラーの異業種への応用』

発表: 坂口 正義 氏(サカグチ マサヨシ)(株)ビジネスコンピュータ 

主旨:(1)FBOM &なりゆきスケジューラ,CDMの新事業領域への活用事例
   (2)異業種(サービ事業など)の展開の可能性
   (3)セルラーデータシステムによる新しいBOMデータ管理手法の提案

日時:2016年10月12日(水)14:00PM~16:50 (受付13時半~)
    高座終了後に懇親会開催 (会場:ビストロカフェ ももてなし家)
    
対象:MASP会員、MASPフォーラム会員、参加希望者、どなたでも参加歓迎!

費用:参加費は無料 (有志参加の懇親会は有料/3,000円)

申込:MASPホームページ「イベント案内」から参加申し込み下さい   
MASP⇒【イベント案内】⇒第5回『 MASPなんでも高座』⇒
【参加登録】⇒氏名等記入 ⇒ページ最終行【確認】クリック、前日迄に

<予告です!>
次回11月17日(木)開催、第6回『MASPなんでも高座』の予告です。
「ITを活用した生産性革新(仮)」 (株)福富製作所 石崎社長 詳細追って

担当者 otsukanb  登録日時 2016/9/28 0:17 (305 ヒット)

日本の製造業が現在めざしている生産性の向上や省力化ではグローバルな競争に太刀打ちできない。既に学者の間で議論されている価値創造に関して、もっと具体的に議論する研究会の場として、新顧客価値創造研究会(2016年度)の第4回を開催いたします。今回のテーマは「IoT, Big Dataの進展は企業にどのようなインパクトを与えるか」発表は高橋史人です。是非ご参加してください。

以下、詳細

担当者 ms-labo  登録日時 2016/8/11 22:24 (210 ヒット)

9/21(水) 第4回 「MASPなんでも高座」のご案内です!

MASP会員(正会員・フォーラム会員)のコミュニケーション促進を目的に
第4回「MASPなんでも高座」を9月21日(水)に開催いたします。

話題:『概念データモデル手法を活用した中小企業支援~事例紹介と補助金支援ガイド』

発表:長島 智(ナガシマ サトル)氏 千葉県産業振興推進センター MASP会員

主旨:
(1)概念データモデル手法の必要性と適用のポイント
(2)これからの企業支援方法について

日時:2016年9月21日(水) 14:00PM~17:00終了後懇親会開催 (受付13時半から)

会場:「とっとり・おかやま新橋館」イベントホールJR新橋駅 銀座改札口 徒歩1分
     http://www.torioka.com/about/

対象:MASP会員、MASPフォーラム会員、その他参加希望者、どなたでも参加大歓迎!

費用:参加費は無料 (有志参加の懇親会は有料/3,000円程度)

申込:MASPホームページ「イベント案内」から参加申し込み下さい。(9月20日までに)
    
 MASP⇒【イベント案内】⇒第4回『 MASPなんでも高座』⇒【参加登録】 ⇒氏名等記入
⇒ページ最終行【確認】クリック。(前日までに)
     
なお、本件に関するお問い合わせは高座事務局・高橋史人(ms-labo@mvh.biglobe.ne.jp /
090-1999-8300)迄。

<予告です!>

第5回『MASPなんでも高座』は坂口正義 氏 (株)ビジネスコンピュータの登壇。
テーマ『調味料製造におけるFBOMの活用(仮)』 
10月12日(水)決定。「とっとり・おかやま新橋館」 詳細後日に。


担当者 kabumaru  登録日時 2016/9/4 23:26 (159 ヒット)

第3回新顧客価値創造研究会(2016年度)のご案内

平素はNPO法人技術データ管理支援協会(MASP)の諸活動にご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。

首題、「新顧客価値創造研究会(2016年度)」(第3回)

を下記要領にて開催いたしますので、是非とも参加を賜りたく、ご案内申し上げます。

担当者 ms-labo  登録日時 2016/6/15 21:58 (264 ヒット)

第3回 「MASPなんでも高座」のご案内です!

MASP会員(正会員・フォーラム会員)のコミュニケーション促進を目的に、第3回「MASPなんでも高座」を7月20日(水)に開催いたします。

話題:『生産管理の考え方を農業管理に活かす~農業BOMの提案』

発表:南波 幸雄(ナンバ イクオ)氏 MASP会員 前産業技術大学院大学教授 

主旨:
(1)BOMを農業分野に適用する際の考え方について
(2)BOMの適用による生産管理のノウハウや種々の機能が農業分野で活用

日時:2016年7月20日(水) 14:30PM~17:00 (終了後懇親会開催)
会場:「とっとり・おかやま新橋館」イベントホール
     JR新橋駅銀座改札口 徒歩2分
     http://www.torioka.com/about/ 
対象:MASP会員、MASPフォーラム会員、その他(どなたでも参加大歓迎!)

費用:参加費は無料 (有志参加の懇親会は有料/3,000円程度)

申込:MASPホームページ「イベント案内」から参加申し込み下さい.
 MASP⇒【イベント案内】⇒第3回『MASP MASPなんでも高座』⇒【参加登録】 ⇒氏名等記入⇒ 【確認】⇒ページ最終行【予約確認】クリック(前日までに)

本件に関するお問い合わせは、高座事務局・高橋史人(ms-labo@mvh.biglobe.ne.jp)迄。

<予告です!>

第4回『MASPなんでも高座』は9月21日(水)に開催決定!
 
長島 智 氏(千葉県産業推進センターの)登場です。テーマは『概念データモデル手法を活用した中小企業支援~事例紹介と補助金支援ガイド』<詳細 追って>

担当者 kiyomi  登録日時 2016/4/3 18:25 (254 ヒット)

NPO法人 技術データ管理支援協会(MASP)は、本年度第11回目の新価値創造研究会を下記にて開催します。

開催日時 4月22日(金) 13時30分~17時
開催場所 三田 いきいきプラザ(田町駅から徒歩7分位)

昨年10月から「製造業」、「生活産業」を対象に、二つのワーキンググループ(WG)で活動をしてきましたが、今回は最後の研究会になり、下記を予定しています。

製造業セッション
顧客価値創造のための生産マネジメントの役割について、今年度は枠組みの側面から考えてきました。その中で、特に「マスカスタマイゼーション」を重要と捉え、ワーキンググループにてディスカッションしてきましたので、その観点を中心に提言をします。
更に、今後、検討すべき課題に関し、次年度に研究会を開催するべきかどうかも併せて討議します。

生活産業価値連鎖セッション
  2015年度活動の総括として、下記を説明します。
・まちづくり活動におけるコトバ化・価値システム形成の意義
・これからの展開〜視座を広げる/視座を転換する実践的訓練の場を
創る。

皆様のご参加をお待ちしております。
以上

以下詳細

前のイベント 次のイベント
ホーム|MASPについて|MASPの活動用語解説最新ニュースアーカイブイベント入会案内個人情報保護方針お問い合わせ
NPO法人技術データ管理支援協会(MASP) | 日本のものづくりの長所(多品種少量生産)を活かす情報技術整備を支援します
Copyright(c) by MASP Association. All rights reserved.