NPO法人MASP は日本のものづくりの長所(多品種少量生産)を活かす情報技術整備を支援します!

メインメニュー
ログイン
会員登録済みの方は
ここからログインを
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失
Forum会員新規登録
担当者 kabumaru  登録日時 2016/9/4 23:26 (140 ヒット)

第3回新顧客価値創造研究会(2016年度)のご案内

平素はNPO法人技術データ管理支援協会(MASP)の諸活動にご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。

首題、「新顧客価値創造研究会(2016年度)」(第3回)

を下記要領にて開催いたしますので、是非とも参加を賜りたく、ご案内申し上げます。

担当者 ms-labo  登録日時 2016/6/15 21:58 (245 ヒット)

第3回 「MASPなんでも高座」のご案内です!

MASP会員(正会員・フォーラム会員)のコミュニケーション促進を目的に、第3回「MASPなんでも高座」を7月20日(水)に開催いたします。

話題:『生産管理の考え方を農業管理に活かす~農業BOMの提案』

発表:南波 幸雄(ナンバ イクオ)氏 MASP会員 前産業技術大学院大学教授 

主旨:
(1)BOMを農業分野に適用する際の考え方について
(2)BOMの適用による生産管理のノウハウや種々の機能が農業分野で活用

日時:2016年7月20日(水) 14:30PM~17:00 (終了後懇親会開催)
会場:「とっとり・おかやま新橋館」イベントホール
     JR新橋駅銀座改札口 徒歩2分
     http://www.torioka.com/about/ 
対象:MASP会員、MASPフォーラム会員、その他(どなたでも参加大歓迎!)

費用:参加費は無料 (有志参加の懇親会は有料/3,000円程度)

申込:MASPホームページ「イベント案内」から参加申し込み下さい.
 MASP⇒【イベント案内】⇒第3回『MASP MASPなんでも高座』⇒【参加登録】 ⇒氏名等記入⇒ 【確認】⇒ページ最終行【予約確認】クリック(前日までに)

本件に関するお問い合わせは、高座事務局・高橋史人(ms-labo@mvh.biglobe.ne.jp)迄。

<予告です!>

第4回『MASPなんでも高座』は9月21日(水)に開催決定!
 
長島 智 氏(千葉県産業推進センターの)登場です。テーマは『概念データモデル手法を活用した中小企業支援~事例紹介と補助金支援ガイド』<詳細 追って>

担当者 kiyomi  登録日時 2016/4/3 18:25 (231 ヒット)

NPO法人 技術データ管理支援協会(MASP)は、本年度第11回目の新価値創造研究会を下記にて開催します。

開催日時 4月22日(金) 13時30分~17時
開催場所 三田 いきいきプラザ(田町駅から徒歩7分位)

昨年10月から「製造業」、「生活産業」を対象に、二つのワーキンググループ(WG)で活動をしてきましたが、今回は最後の研究会になり、下記を予定しています。

製造業セッション
顧客価値創造のための生産マネジメントの役割について、今年度は枠組みの側面から考えてきました。その中で、特に「マスカスタマイゼーション」を重要と捉え、ワーキンググループにてディスカッションしてきましたので、その観点を中心に提言をします。
更に、今後、検討すべき課題に関し、次年度に研究会を開催するべきかどうかも併せて討議します。

生活産業価値連鎖セッション
  2015年度活動の総括として、下記を説明します。
・まちづくり活動におけるコトバ化・価値システム形成の意義
・これからの展開〜視座を広げる/視座を転換する実践的訓練の場を
創る。

皆様のご参加をお待ちしております。
以上

以下詳細

担当者 ampo  登録日時 2016/1/18 19:06 (440 ヒット)

 技術データ管理支援協会は「設計変更管理」ワークショップを3月16日(水)に開催します。

 いま日本の製造ビジネスの様相が急速に変化しています。途上国の工業化が進み、従来の規格製品大量生産型のビジネス・モデルでは価格競争力がなくなり、十分な収入を得られなくなっています。
 国内では高齢化が進み、需要の伸びは期待できません。むしろ鉄道・道路・橋梁・電力網通信網などの社会インフラは維持保全が重要な局面に入っています。個人の生活環境も高齢化を支える保全サービスが重要になっています。
 科学は急速に発達し、素早く新技術を既存技術と上手に組み合わせて顧客の要望を素早く満たせるよう、ものづくりの仕組みを改良する必要があります。

設計変更管理の重要性
 製品開発を成功させるには、市場投入後の素早い改善改良が肝要です。
 顧客をつなぎとめるには、アフターサービス(使い方指導、点検・保守・修理・補修部品供給)が不可欠です。そこに新技術を組み込んだ部品供給ができるなら、製品組み立ては海外でも、部品生産で収益を上げることができるでしょう。
 途上国・新興国にとって生産設備や社会インフラを日本が担当するなら、安心して工業化に邁進できるでしょう。
 このようなビジネスを支えるのが設計変更管理です。今後の日本の製造業にとって設計変更管理が鍵となると私たちは考えています。

設計変更管理の現状
 現状を見てみましょう。日本の製造業の長所は改善・改良が活発であることです。しかしITを利用すると部品表(BOM)の登録・更新手続きが煩雑で、時間が掛かるため、実行が容易な小さな事柄しか受け入れてもらえない傾向があります。
 BOMのシステムは1960年代の図面ベースのバージョン管理機能を持っていますが、設計変更管理というほどの十分な機能は持っていません。「いつか、誰かがやってくれるだろう」と期待していたのですが、現在のPLMも開発に特化しており、生産やアフターサービスに対する配慮は不十分です。
 設計変更管理機能が不十分なために顧客のニーズに応えられない企業が、実はかなりあります。

技術データ管理支援協会の取り組み
 技術データ管理支援協会では、これからの日本の製造業は「顧客志向の価値創造」を目指してビジネスの仕組みを改革する必要があると考えてきました。
 価値提供の主たる場は開発と生産ではなく製品販売・導入/設置・使用・運転・点検・保守・修理・リサイクル・廃棄などです。
 そのため、これらのビジネス・プロセスを取り扱えるようBOMを拡張し、統合工程部品表管理エンジン“FBOM”を開発しました。

 今回、その上で設計変更管理のあるべき姿を考え、ソフトウエア部品整備構想を作成しました。
 この構想について多くの広く意見を求め、充実を図りたく思っています。“FBOM”はソフトウエア部品として無償提供します。設計変更管理システムの整備にご利用下さるなら本望です。
 このような趣旨でワークショップを開催しますので、ご参加ください。

以下詳細

担当者 ampo  登録日時 2016/3/1 22:18 (199 ヒット)

 NPO法人 技術データ管理支援協会(MASP)は、本年度第10回目の新価値創造研究会を下記にて開催します。

開催日時 3月7日(月) 13時30分~17時
開催場所 三田 いきいきプラザ(田町駅から徒歩7分位)

 昨年10月から「製造業」、「生活産業」を対象に、二つのワーキンググループ(WG)で活動をしてきましたが、まとめに入ってきました。

 次回、3月7日の研究会の討議は以下を予定しています。

製造業セッション
 今まで議論してきた諸概念(マスカスタマイゼーション、エンジニアリングチェーン、サプライチェーン、社会知能等)を整理しながら、顧客価値創造における「生産マネジメントの役割」について、ディスカッションします。

生活産業価値連鎖セッション
 2015年度下期活動の総括として、下記を説明します。
・気づき、洞察を生む過程/しかけを補完する必要性
・ソーシャルな課題における課題の概念化・コトバ化することの重要性
・システムデザイナーの資質を伸ばす場/機会としての可能性

 皆様のご参加をお待ちしております。




以下詳細

担当者 ampo  登録日時 2016/2/5 0:12 (252 ヒット)

NPO法人 技術データ管理支援協会(MASP)は、本年度第9回目の新価値創造研究会を下記にて開催します。

開催日時 2月12日(金) 13時30分~17時
開催場所 三田 いきいきプラザ(田町駅から徒歩7分位)

10月から「製造業」、「生活産業」を対象に、二つのワーキンググループ(WG)が活動を開始しました。
製造業セッションでは、日本のものづくりが内在する課題が広く提起されたあと、「新たな価値創造に向けて、生産管理が果たすべき役割」について検討を行っています。
生活産業セッションでは、生活者視点を中心にした新しい価値創造の枠組みとその構築に向けて、MASPの方法論及び道具立ての有効性検証を目的に検討しています。

次回、2月12日の研究会の討議は以下を予定しています。

製造業セッション
 ・1月28日及び2月5日に開催したワークグループ会合の検討内容の
紹介。
・まとめに関する内容の確認

生活産業価値連鎖セッション
・1月17日現地訪問の報告
・1月29日ワークグループ会合での討議要旨
・今後のワークグループの進め方について

皆様のご参加をお待ちしております。

以下詳細

担当者 ampo  登録日時 2016/1/6 12:33 (216 ヒット)

 NPO法人 技術データ管理支援協会(MASP)は、本年度8回目の新価値創造研究会を下記にて開催します。

  開催日時 1月15日(金) 13時30分~17時
  開催場所 三田 いきいきプラザ(田町駅から徒歩7分位)

 10月から「製造業」、「生活産業」を対象に、二つのワーキンググループ(WG)が活動を開始しました。

 製造業セッションでは、日本のものづくりが内在する課題が広く提起されたあと、「新たな価値創造に向けて、生産管理が果たすべき役割」について検討を行っています。

 生活産業セッションでは、生活者視点を中心にした新しい価値創造の枠組みとその構築に向けて、MASPの方法論及び道具立ての有効性検証を目的に検討しています。

 次回、1月15日の研究会の討議は以下を予定しています。

製造業セッション
 今までのWGの検討結果に対して、昨年11月、12月の全体研究会で様々な意見が出されました。1月の研究会ではそれらを踏まえ、価値創造のメカニズムの仮説を提示しながら、実地検証をする方法を考えます。

生活産業価値連鎖セッション
 具体的なソーシャルテザイン事業を題材に検討を進める予定ですが、方針の確認をするとともに、逆に当該事業を実際に進めている方からの意見を紹介します。また、今後予定している現地への訪問やクリエーターへのインタビューについて具体的に検討します。

 皆様のご参加をお待ちしております。

以下詳細

担当者 ampo  登録日時 2015/12/7 19:08 (248 ヒット)

 NPO法人 技術データ管理支援協会(MASP)は、本年度第7回目の新価値創造研究会を下記にて開催します。

  開催日時 12月14日(月) 13時30分~17時
  開催場所 三田 いきいきプラザ

 10月から「製造業」、「生活産業」を対象に、二つのワーキンググループ(WG)が活動を開始しました。
 製造業セッションでは、日本のものづくりが内在する課題が広く提起されたあと、「新たな価値創造に向けて、生産管理が果たすべき役割」について検討を行っています。
 生活産業セッションでは、生活者視点を中心にした新しい価値創造の枠組みとその構築に向けて、MASPの方法論及び道具立ての有効性検証を目的に検討しています。

 次回、12月14日の研究会の討議は以下を予定しています。
 製造業セッションでは、顧客が期待する価値、メーカーが追求する価値の両面からWGで検討したことを報告し、全員でディスカッションを行います。
 生活産業セッション:住生活“市場”にフォーカスし、①問題をどのように設定するか、②事業構造・情報構造をどう捉えるか、の2点を中心テーマとして、製造業との違いを意識しながら検討していきます。

 皆様のご参加をお待ちしております。


以下詳細

担当者 ampo  登録日時 2015/11/4 8:40 (222 ヒット)

NPO法人 技術データ管理支援協会(MASP)は、本年度第6回目の新価値創造研究会を下記にて開催します。

開催日時 11月16日(月) 13時30分~17時
開催場所 神明いきいきプラザ(浜松町)

 10月から「製造業」、「生活産業」を対象に、二つのワーキンググループ(WG)が活動を開始しました。
 製造業セッションでは、日本のものづくりが内在する課題が広く提起されたあと、「新たな価値創造に向けて、生産管理が果たすべき役割」について討議がされました。
 生活産業セッションでは、価値創造のためには生活者視点を中心にした新しい枠組みとその構築に向けて、MASPの方法論及び道具立ての有効性を検証・確認していくことが提案されました。
 次回、11月16日の研究会の討議テーマは以下を予定しています。
 製造業セッションでは、①「現在、生産管理に期待されていることは何か?」、②「それに対して、どれだけ応えようとしているのか?」、③「生産管理の範囲はどこまで考えればよいのか?」の論点について、学会等での理論的アプローチを紹介した後、全員で討議を行います。
 生活産業セッションでは、住生活“市場”にフォーカスし、①住宅産業視点、②福祉・住環境視点、③まちづくり活動視点より、背景情報と課題認識のすり合わせを行います。

 皆様のご参加をお待ちしております。


以下詳細

担当者 ampo  登録日時 2015/9/17 9:12 (237 ヒット)

NPO法人 技術データ管理支援協会(MASP)は、次回の新・価値創造研究会を
10月16日(金)に開催します。

前回、9月16日の研究会において、「製造業」、「生活産業」を対象に、ワーキ
ンググループ(WG)を発足させることを決定しました。WGで検討をした内容を
研究会で説明し、全員のディスカッションにより、内容を深めていきます。

次回、10月16日の研究会では、各WGより、ゴールとそれに向けての検討内容に
ついてお話頂き、参加者全員で討議する予定です。皆様のご参加をお待ちして
おります。

以下詳細

前のイベント 次のイベント
ホーム|MASPについて|MASPの活動用語解説最新ニュースアーカイブイベント入会案内個人情報保護方針お問い合わせ
NPO法人技術データ管理支援協会(MASP) | 日本のものづくりの長所(多品種少量生産)を活かす情報技術整備を支援します
Copyright(c) by MASP Association. All rights reserved.